平安絵巻!?

4月20日に厳島神社で結婚式をされた、MさんとFさんのお二人です。新郎様の実家はお隣の大竹市。地元の方です。お二人が選ばれた衣装は十二単と束帯。まさに平安絵巻そのものですね。厳島神社の朱色に、お二人の衣装がとてもよく映えます。そして、いよいよ本殿にて挙式が始まります。厳粛な空気の中、式が進行していきます。今日の為に、リングピローもご用意されました。挙式後は、お二人だけでロケーション撮影へ。ネイルも...

6月12日

6月12日、プロデュース会社さんを通してみや離宮にお泊りいただき、お支度部屋をご用意させていただいた新郎新婦のお二人です。厳島神社へ出立前に人力車に乗られたところを、みや離宮の玄関前で撮影させていただきました。新婦様の、少し古典的な白無垢にカツラと角隠しが、とてもお似合いですね。厳島神社結婚式宮島 ホテルみや離宮 六角広康お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求...

夜の宮島

厳島神社での結婚式の前日、もしくは結婚式当日の夜に宮島に宿泊されるのであれば、是非お勧めしたいのが、大鳥居と厳島神社のライトアップです。満潮であれば、ライトに照らされて海に浮かび上がる、美しい大鳥居をご覧いただくことができます。スマートホンでの撮影の為(写真の腕もですが)、上手く伝わらないのが残念ですが...。厳島神社も23時までライトアップしています。そして、シャッターが閉まった表参道商店街。昼間の...

大人の挙式

2014年春に挙式をされた、HさんとRさんのお二人です。新婦のNさんが選ばれたのは白無垢ではなく、引き振袖でした。厳島神社へ出立の前ロビーにて、皆様のカメラに笑顔で答えるお二人です。そして厳島神社へは人力車で移動。潮位もいい感じに満ちていて、水面に映る大鳥居が綺麗です。厳島神社入口近くのしだれ桜が咲き始めたところでしたので、桜の下で撮影をさせていただきました。神社へ到着すると、お二人での記念写真の撮影。...

ぺったらぽったら

みや離宮から厳島神社と大鳥居方面に海沿いに歩いて1分のところにある、『ぺったらぽったら』をいただいてきました。お店に近づくにつれ、おいしそうなニオイがしてきます。外はカリッとしていて、中はモチモチっとしたおむすびと、宮島の2大名物であるカキとアナゴの2種類があります。どちらも甘いタレが塗ってあり、これがまた絶品です。食べ歩きもできますし、お持ち帰り用に包んでもくれます。通信販売もあるそうなので、ご...

みや離宮のレストラン

時々、お二人だけで挙式をされる方やご両親様とご兄弟のみで6~8名くらいで挙式をされる方がいらっしゃいます。そんな方にお勧めなのがこちらのレストランです。通常は、宿泊のお客様の夕食会場としてご利用いただいておりますが、昼間は貸切となりますので、最大15名までなら人数に合わせてテーブルをセットさせていただきます。解放感のあるスペースで、ゆっくりと食事をお楽しみください。厳島神社結婚式宮島 ホテルみや離宮 六...

鏡開き

披露宴やちょっとした食事会で、乾杯の前にされるイベントのひとつに『鏡開き』があります。特に和装での祝宴では、ケーキカットよりも人気があります。日本酒の入った樽を、お二人もしくはご両親様も一緒に、司会者の「よいしょ、よいしょ、よいしょ~!」の3回目の掛け声で樽の蓋を木槌で叩いて開いていただくイベンドです。鏡開きの後、樽のお酒を枡についで皆様にお配りし、乾杯をされます。樽の大きさも、基本的には 一斗樽...

みやじま食堂

みや離宮より厳島神社・大鳥居方面に表参道商店街を2~3分ほど歩くと、右手に見えてくるのがこちらの『みやじま食堂』さんです。2013年12月にOPENされた、割と新しいお店です。店内は明るく2階も広々としています。入口左のshowウィンドウにもメニューが飾られています。穴子料理や牡蠣料理といった宮島定番のお食事処といった感じです。まずは、定番の『穴子づくし定食』です。ふっくらとした柔らかい穴子が味付けされたご飯に...

恋人の聖地『消えずの火』

宮島の霊峰弥山の山頂近くには、弘法大師が修行を行ったときの霊火が1200年以上たった今も燃え続けているという『消えずの火』があります。現在では『恋人の聖地』として知られておりカップルが訪れています。宮島ロープウエー獅子岩駅より徒歩約20分、弥山本堂の目前の『霊火堂』がその場所です。徒歩で弥山に登ることも出来ますが、約1時間ちょっとかかりますので、覚悟が必要です。ちなみに、広島市の平和記念公園の中にある『...