恋人の聖地『消えずの火』

宮島の霊峰弥山の山頂近くには、弘法大師が修行を行ったときの霊火が1200年以上たった今も燃え続けているという『消えずの火』があります。現在では『恋人の聖地』として知られておりカップルが訪れています。

宮島ロープウエー獅子岩駅より徒歩約20分、弥山本堂の目前の『霊火堂』がその場所です。徒歩で弥山に登ることも出来ますが、約1時間ちょっとかかりますので、覚悟が必要です。

ちなみに、広島市の平和記念公園の中にある『平和の灯』の火種の一つも、この『消えずの火』が使われているそうです。






霊火堂の中には、恋人たちが祈願した絵馬があります。




中心にある大窯の中のお湯も、自由に飲むことができます。入口左隅に湯呑がありますので、そちらを使用してください。




霊火堂の隣にある『御守札授与所』には、恋人にちなんだお守りや、






ここでしか手に入らない、消えずの火の灰が入った『お清め御砂散』もあります。



これは GET するしかないですね。

宮島、厳島神社もしくは大聖院で挙式を挙げられる方、もしくは挙げられたあとに、後日改めてお二人で訪れるのもいいですよね。

『消えずの火』のご紹介でした。



厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮 六角広康


お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment