THE. 厳島神社挙式打掛

厳島神社での結婚式で新郎新婦が着られる衣裳。一般的には紋服と白無垢や色打掛ですが、最近は各衣装店さんが、まさに『厳島神社挙式』といった衣装を用意されていますので、一部をご紹介させていただきます。

 

 

まずは、藤政貸衣裳店さん。

 

厳島神社の金のロゴが入った白無垢です。

実は、みや離宮の婚礼のパンフレットに使わせていただいている衣装もこの衣裳なんです。

 

 

 

懐刀(懐剣)や箱迫も、ロゴの色に合わせて金色のものもあるんです。

 

 

 

色違いもあります。

 

 

 

 

次に紹介するのは、Brodal Costume Nijo(二条)さんの白無垢です。

 

厳島神社の大鳥居が純白の地にクッキリと浮かび上がり、とても綺麗です。

 

 

 

まさに『白無垢』といった感じですね。

 

 

 

そして、CORSOゆかり屋さんの白無垢。

 

厳島神社のロゴが衣裳全体にちりばめられてある白無垢です。

内側が赤いのも特徴ですね。

 

 

 

赤が少し入るだけで、随分と印象が変わりますよね。

 

 

 

最後にご紹介するのが、京都嵯峨野さんの色打掛です。

 

厳島神社と大鳥居が鮮やかですね。オーナー自ら発注して作られたそうです。

 

 

 

 

 

こちらは青い色がベースの色打掛ですが、この他にも、赤と金があるそうです。

 

 

どちらの衣裳も素敵ですね。さすが大人気の厳島神社挙式です。

 

気になる衣装があれば、是非みや離宮へお問い合わせください。

 

 

 

厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮 六角広康

 

 




お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment