婚礼打合せ弾丸ツアー その1

来年(2015年)2月に厳島神社で挙式予定のTさんとMさんのお二人。しゃべり方がおっとりとしていてかわいらしい新婦のMさんと、見た目がハーフのような純日本男児の新郎Tさん。厳島神社の仮予約と挙式見学はお済みとの事ですが、それ以外のことは何も決まっていないとの事。しかも、お二人とも愛知県からお越しで、挙式当日までに今回の1日だけしか広島に来られる機会がない!!


なるほど・・・

お任せください!


お問い合わせをいただいてから、スケジュールを組みました。

10:00 みや離宮にて打合せ
13:00 1店目の衣装店にて試着
16:00 2店目の衣装店にて試着
18:00 美容師との打合せ

ということで、朝10時からみや離宮で挙式当日の流れや写真、DVDのこと、あるいは宿泊のことなどについてお見積りをお見せしながら打合せをさせていただきました。
そして、一路車を飛ばして広島市内へ移動し、1店目の衣装店で試着を。


最初の衣装店は、中区幟町にある NIJOさん。

衣装も和装から洋装まで幅広く取り扱っていらっしゃるお店で、いつ行ってもお客様がたくさんいらっしゃいます。スタッフの方の接客も気持ちよく、いつも感心させられます。




和装は、道路を挟んだこちら側の入口から↓。




新婦のMさんのご希望は、白無垢と色打掛の2点。ヘアはカツラか洋髪かまだ迷われています。




まずは白無垢から試着スタート。

白無垢でも、全体が真っ白の物から内側が赤いもの、端に赤い線が入っているものなどあり、また、白は白でも輝くような純白から少し黄色がかった古典的な印象のもの、色の柄が入ったものなど、さまざまです。






いろいろ試着をしながら、だんだんイメージが湧いてきます。








新郎のTさんも紋服を着られて、お二人で並んで写真撮影。二人で並んだ時の衣装の相性もあるんですね。




そして、次は色打掛。ご希望は黒か赤。
テーマは『妖艶』だそうです。

黒い色打掛からスタートし、赤い打掛も試着。

赤は赤でも、深紅の赤や厳島神社の回廊のようなオレンジっぽい赤、ちょっと珍しい絞りの打掛なども羽織られました。










そして、最後は紫色の打掛も。素敵ですね。




新しい打掛を試着するたびに「いいね~。」「これもいいね~。」と迷われていました。

さぁ、次に行きましょう。

NIJOさん、ありがとうございました。


つづきは こちら



厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮 六角 広康

お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment