宮島厳島神社結婚式の衣装について その1

厳島神社で結婚式をお考えの方から『白無垢以外に可能な衣装にはどのようなものがありますか?』との質問を時々いただきます。

厳島神社は和の社ですので、当然、ウェディングドレスとタキシードはNGです。

実際には、やはり白無垢と紋服で挙式をされる方が圧倒的に多いです。

厳島神社 結婚式



白無垢でも、真っ白な白無垢もあれば、内側が赤いものや縁に赤い線が入ったものなどもあります。その他にも少し黄色っぽい古典的なものや、柄が入ったものもあります。

厳島神社 結婚式


厳島神社 結婚式


厳島神社 結婚式


厳島神社 結婚式



白無垢には綿帽子と角隠しのどちらも合いますので、例えば、新郎新婦お二人での記念写真の際は綿帽子で、親族の集合写真の時は角隠しと、付け替えをされる方もいらっしゃいます。綿帽子は本来、ウェディングドレスのヴェールと同じで、新郎以外の方から顔を隠すために使います。それに対し、角隠しは、新婦が新郎家に嫁いだ後も、怒りの象徴である"角(ツノ)"を一生隠したまま、『いつまでも貞淑な妻でいます。』という新婦の決意を表すものです。その為、皆様に顔を覚えてもらうために写す集合写真の時は、顔を隠す"綿帽子"ではなく"角隠し"の方が良いともいえます。人力車に揺られて厳島神社へ向かう時は、やはり綿帽子が合いますね。

厳島神社 結婚式



また、挙式後に白無垢から色打掛に掛け替えをされて記念写真を追加される方もいらっしゃいます。白無垢は別名"白打掛"ともいわれ、色打掛に簡単に掛け替えが出来ます。厳島神社に映える、赤い色打掛でお二人の記念写真を1枚追加されるのもいいですね。その時は、綿帽子も角隠しも外して、打掛に似合う髪飾りで"文金高島田"で撮影されてみてはいかがでしょうか?

厳島神社 結婚式



ちなみに色打掛には綿帽子はNGですが、角隠しは可能です。色打掛+角隠しで挙式をされる方もいらっしゃいます。

次回は、大振袖(黒引き振袖)など、その他の衣装についてお話しします。

厳島神社挙式の衣装その2



厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮



厳島神社結婚式
宮島 ホテルみや離宮


お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment