スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五夜・仲秋の名月・お月見

本日(9月15日)は、十五夜です。

みや離宮のロビーにもこちらが飾られています。

 

十五夜は、中秋の名月の通称で、旧暦8月15日の月をさします。中秋とは秋の真ん中という意味で、昔は7月~9月が秋にあたるため、秋の真ん中である8月15日の十五夜に月見をする風習なのだそうです。

 

 

お月見が始まったのは平安時代。江戸時代に入って、月は作物が月の満ち欠けと一緒に成長していくことから縁起がいいものとされていました。そのことから十五夜は秋の収穫を喜感謝する祭りとして今に至るのだそうですね。

 

少し涼しくなってきた今日この頃、心穏やかにのんびりと月を眺めてみるのもいいですね。

 

 

厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮 六角広康

 




お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。