白無垢から黒い色打掛へ そしてロケーション撮影

昨年10月に厳島神社で結婚式をされたPさんとSさんのお二人。現在はお二人とも千葉にお住まいですが、衣装合わせや美容の打合せなどで広島にお越しいただき、何度も打合せをさせていただきました。

新郎のPさんはハーフ。北欧のバイキングの血を受け継いでいるとか。どうりで胸板が厚いワケですね。


そして迎えた挙式当日。

前日はお二人ともみや離宮に宿泊され、当日は11時から着付開始となりました。
まだまだリラックスされているお二人です。

VIG_0020.jpg


そしていよいよご出立。みや離宮前で人力車に乗られたお二人です。安芸(秋)の宮島は観光客も多く、お二人の回りにはいつのまにか人だかりが出来ていました。

VIG_0132.jpg


鹿さんにも見守られて、厳島神社へと移動いたします。

VIG_0200.jpg


厳島神社では挙式説明前に写真を撮影し、

VIG_0229.jpg

VIG_0259.jpg


いよいよお二人の挙式が本殿にてスタートです。

VIG_0371.jpg

VIG_0470.jpg


そして、挙式後に集合写真を撮影した後、白無垢から黒い色打掛にお色直しされたSさん。

VIG_0547_20170216183207133.jpg


このままお二人だけでロケーション撮影へと向かいました。

VIG_0557.jpg

VIG_0591.jpg

VIG_0659.jpg


そして、こんな写真も...

VIG_0641.jpg


PさんSさん、ありがとうございました。そして、心配されていたPさんのお母様も、本当にありがとうございました。

是非、もう一度皆様お揃いでみや離宮に泊まりにお越しください。

VIG_0574.jpg


そして後日、新郎Pさんのお母様よりメールをいただきました。



" 六角様、

暦は霜月と変わり厳島神社の朱色ともみじの紅葉が訪れた人々を一層驚かせ賑わっているころでしょうか?その後もきっと六角さんは多くの方々に幸せを届けて下さっていると察しております。

息子の挙式を終え、今日で3週間が経った今でも宮島での式の思い出にドップリ浸かっております。ここまで慶の余韻が,今起こっているかの様に感じている自分に驚いております。潮が満ちている時に廻廊をゆっくり本殿まで一歩一歩歩ませて頂けた感慨は忘れることはないでしょう。宮島での時間は最高でした。改めてそれも六角さんのご配慮とお心遣いが有ったからこそと心より感謝をしております。

息子夫婦にとって挙式を挙げさせていただいた日は人生の中でも最高の日だったことでしょう。此れから辛い事もあるかもしれない、いや、........きっとあるかな?
でもそんな時、宮島で挙げられた式、そして六角さんの仕事をする謙虚な姿勢、最善を尽くす姿を子供達に覚えていてもらいたいと思っております。同じやるなら喜んでする。何事もポジティブに行動に移す。多くを六角さんを通して感じさせていただきました。あの父のための青い椅子、記念品にしたいくらいですのよ。
また、写真関係の皆様、特に情熱的に最高の写真を撮ってくださったおじちゃん:-) 今でも彼の仕事ぶりのビデオを楽しく拝見させてもらっています。元気が出るんですよね~、そして衣装担当の女性たち。皆さん素晴らしいお仕事をされていました。自分の息子夫婦の晴れの姿だけでなく、挙式に携わって下さった一人一人の皆様のおかげで、心温まる良い挙式ができたことと心より感謝しております。素晴らしい チームワークです。此れからも六角さんのお人柄だからこそ、みや離宮で挙式を挙げたいと思われる方が多くいらっしゃることでしょう。実は、私の多くの友人達が、あああ、こんな所で結婚式を挙げたいな…なんて言われています。白人の方も、実は日本人の方も。海外からでも結婚式スポットナンバーワン :-) "



こちらこそありがとうございました。PさんSさん、そしてご両家の挙式を担当させていただくことが出来、私も最高に幸せでした。

ありがとうございました。



お二人の挙式動画です。





宮島 厳島神社結婚式
ホテルみや離宮 六角広康


お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求
スポンサーサイト