宮島厳島神社結婚式の衣装について その2

厳島神社での結婚式の衣装は、白無垢と色打掛以外にも素敵な衣装があります。

新婦様が着る独身最後の振袖と言えば、引き振袖(黒引き)ですね。

黒引きは、元々は武家の婚礼衣装として使われ、白無垢よりも歴史が古いと言われています。黒引き姿に角隠しをされた新婦様は、白無垢の柔らかな印象とはまた違って、キリッと締まっていいですよね。

最近では、カツラは付けずに洋髪に黒引き姿の新婦様をお見かけすることも多くなりました。

厳島神社 結婚式



また、十二単と束帯で挙式をされる方もいらっしゃいます。

十二単の歴史は、平安時代の中紀が起源と言われており、女性貴族用の正装として着用されてきました。厳島神社の朱色とあいまって、奥ゆかしさを感じさせられます。

厳島神社 結婚式



どちらも素敵ですね。


そして、厳島神社での挙式後に みや離宮での披露宴の時は、お色直しでウェディングドレスとタキシード姿で再登場というのもお勧めです。


挙式までの衣装選び(衣装合わせ)につきましては、こちら をご覧ください。



厳島神社結婚式
宮島 ホテルみや離宮


お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment