笑顔 のち 笑顔 時々 涙、そして笑顔!

2015年3月28日に厳島神社で結婚式をされた、TさんとAさんのお二人です。
新郎のTさんは、打合せの段階で、なんと私の高校の後輩ということが判明しました。もちろん年は10歳違いますので同時期に通っていたわけではありませんが。

そして、今はお医者様。膵臓外科医だそうです。新婦のAさんもナースとして働かれていて、出会いも職場だったんだそうです。




挙式当日の3月28日といえば、春休みの土曜日で、宮島ではちょうど桜が咲き始めたところでした。しかも挙式の時間は14:30からと、観光客が多い条件を全てクリアしたような日でした。




お二人の準備が整い、みや離宮のロビーにて。お二人の上司やご友人もたくさんかけ付けてくれました。




そして、厳島神社へ。みや離宮の前もこの人だかりです。




大鳥居を背に人力車に乗っての写真撮影も、




一歩下がって見ると、こんなに人がいました。




厳島神社の入口にも外国人観光客がこんなにも。




やっとお二人だけとなり、ゆっくり撮影をすることが出来ると思ったら、




すぐにこんな感じになってしまいます。




そして、緊張の中、厳島神社本殿での挙式。




挙式後には、新婦のAさんは色打掛にお色直しをされました。色打掛 + 角隠しのスタイルがとてもお似合いです。






ご参列の皆様は先にみや離宮にご帰館いただき、お二人と一部のご友人のみ厳島神社の出口より人力車で出発。桜並木で撮影しながら帰館しました。










表参道商店街でも、たくさんの人に祝福されました。




そして、みや離宮での披露宴。皆様が揃われた後、いよいよお二人のご入場です。




新郎のTさんも、頑張ってウェルカムスピーチをされました。




乾杯の前には、ご家族そろっての鏡開き。




そして、お色直し。




入場は、ブーケではなくバズーカ。Aさんらしいチョイスです。

そして、この完璧なタイミングで撮影したカメラマンもすごい!




その後、新郎Tさんのご友人の『アナと雪の女王!?』であろうと思われる謎の出し物と、




新婦Aさんのご友人からのDVD上映とお祝いメッセージに、




思わず涙がこぼれてしまいました。




そして、Aさんからお母様へ宛てたお手紙が朗読され、花束をお渡しになられました。






披露宴の最後に、新郎Tさんからご参列いただいた皆様への謝辞、




そして、ご両親様と5人でお見送り。




ここでも、皆様からたくさんのお祝いの言葉をいただきました。




笑顔あり、ちょっとだけ涙もあった一日でしたが、やはり私が一番好きなのは、お二人のこの表情です。




Tさん、Aさん、ありがとうございました。

そして、いつまでもお幸せに。



厳島神社結婚式

宮島 ホテルみや離宮 六角広康


お問合せは → 宮島厳島神社結婚式 問合せ・資料請求


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment